2010年02月05日

読者の撮ったケムトレイル!!

ケムトレイルが、大勢の知るところとなった!!
数年前と隔世の感がある。
ウィルスもバクテリアもこうして撒かれる?!
無論、気象操作、物理兵器実験.....etc.も
おそらく、ケムトレイルの範疇に入っているだろう?!


 昨今、本ブログの拙稿を見て、読者の方からメールでケムトレイル情報が送られてくる。自覚的に本人が撮影したのものだ。それほど、日常茶飯事な出来事として、認識された証拠だ。

 隔世の感がある。

 これは特別なことではない。ちょっと注意すれば、誰でも観測できる。デジカメが有れば、記録はお手の物だ。観測してもすぐにどうとなるものではないが、自然に対する、このいい加減な冒涜を監視することは、誰にでも出来る。

 許すことは、断じて出来ない所業である。 

ケムトレールでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=do7-4GJMkm8

<1月23日午前9時千葉市にて:xa2612shさんより>


 そして、件の中学生(LIVESTRONG君の撮影画像
Kodaip1010560

Kodaip1010557

【転載開始】

Gum
・・・この物体は何?

チューインガム? いや、それは違う。


この休日期間中、医師兼衛生科学研究者のマイク・ランバートは、何が空から落とされているか分かっていると主張した。そして彼は、私と私の友人でアーティストのニール・ハーグを町を横断する散歩に連れて行き、明らかに航空機の飛行経路であった場所をたどった。航空機は事実上、私の家と彼の家の上を通過してい
た。


マイクが飛行経路を知っていたのは、舗装道路と飛行経路をたどって、一見して何千ものチューインガムのように見えるものを追跡していたためだ。私たちがどこを歩いても、これが圧倒的な量だったために、チューインガムでないことは、たちまち明らかになった・・・


Gum_2

・・・マイクは、プロの衛生調査員だった二十年前にその「ガム」に初めて遭遇したが、彼がライドの至る所でそれを見るようになったときに、改めて関心を持ったと言う。


彼の見解によると、その「ガム」は住民に照準を定めたウイルスないし毒物を運ぶための媒体であり、彼が推測するところによると、出所はウィルトシャー州のソールズベリーに近いポートン・ダウンにある国防省の機関、国防科学技術研究所の本拠地、生物兵器研究施設のような場所だという。これは、確かに非常に不気味な場所だ。・・・<後略>【転載終了】



【余興】

 又、これは、とあるコメント氏が余興に教えてくれた、動画。たまには息抜きになろうかと思って、掲載する。いや、違った、ガス抜きになる.......。

笑える!! 理屈なしに笑える!!

 上品階級の方は、お奨めしない.......。自己責任でご覧有れ!

 やっぱり、オナラは燃える!  引き続き、オナラ爆発映像が目白押し!!


おなら爆発 Fart Fire
http://www.youtube.com/watch?v=e5VaZH2oaSA

posted by tsumuzikaze at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。