2010年02月05日

ガンバレ!朝青龍 、でも、もう終わった!!

三度、朝青龍叩きが始まった!!
そして、永遠に終わる.......。


 それで良しとするなら、いいだろう??! これで、大相撲人気が凋落する。間違いない。よってたかって、朝青龍を叩くからだ。しかし、民心は大きく違う。だから、人気は大きく落ち込む。三年は浮かばれないだろう.......。

Mrt1002041514006p2

【転載開始】
【大相撲】朝青龍「世間をいろいろ騒がせた。晴れたような気持ちだ」

2010.2.4 15:18
 引退を表明した横綱朝青龍(29)=本名・ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=は「いろいろお世話になりました。引退します。世間をいろいろ騒がせた。今は晴れたような気持ちだ」とコメントした。【転載終了】


【転載開始】三度目の「ガンバレ!朝青龍 」

今日、「朝青龍暴行問題」について横審が臨時会合を開くそうで
今夜中に朝青龍への応援の記事を書いておくことにしました。



どうしてよってたかって懲りずに朝青龍をいじめるのだろう。
朝青龍のおかげで相撲の人気が回復したのに
利用するだけして都合が悪くなればよってたかっていじめる。
ここまでしつこいとわざと不祥事を起すように
必殺仕事人でも雇って仕組んでるんじゃないのって思っちゃう。


さっき久しぶりにホリエモンのブログをざっと見ていたら朝青龍の記事を発見。
有料メルマガ(堀江貴文のブログでは言えない話)を始められたみたいで
その第一号(無料)に『横綱朝青龍の暴力事件の舞台裏』が書かれてあった。
堀江さんは朝青龍と知り合いみたい。


最近ある人から聞いて知っているけれど、素顔の朝青龍は優しくて良い人だそう。
私はそんなことまったく知らないで、応援の記事を書いてきただけ。
この国ではというか、この国のマスコミは、正直にモノをいう人間を嫌うみたいですね。
どうみてもマスコミが火をつけ更に油を注ぎたくさんの扇風機であおっている。
そうとしかみえない。


ガンバレ!朝青龍

【転載終了】

 又、どうせこうなると思っていた。『温故知新』という言葉がある。これを体現しなければ、単なる『温故埋没』だ。

 選挙を採用するならば、自由投票を確立しなければならない。同じく、相撲を国際化するならば、寛容を確立しなければならない。

 賢明な選択が、求められる。 


【転載開始】

【大相撲】安治川“造反”騒ぎ、大山鳴動して鼠一匹も出ず

2010.2.3 22:26

Mrt1002032227009p1
記者会見で退職の意向を撤回することを表明する安治川親方。右は友綱理事=3日午後、東京・両国国技館

 前日深夜の緊急会見から、わずか20時間半。事態は急転し、「大山鳴動して鼠一匹も出ず」の結論となった。


 一門の長である友綱親方の対応は早かった。一門からの一任を取り付けると、安治川株の実質的な貸主である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)の意向を確認。さらに安治川親方の説得に向かった。

 結論は、一門外へ投票した責任を感じて退職を覚悟した安治川親方に、一門の長である友綱親方が懐の深さを示した形。そこにはさまざまな思惑が渦巻いたようだ。

 友綱親方が懸念を抱いたのは、安治川親方が前日、貴乃花派の一人、大嶽親方元関脇貴闘力)の部屋(東京都江東区)で記者会見したこと。「まるで立浪一門から追い出したように思われる」。実際にこの日、所管する文部科学省が協会に、この問題で事実確認の問い合わせがあった。

 一方の安治川親方にしても、事前から貴乃花派と密約があったと受け取られかねない状況だ。

 貴乃花派からの働きかけを否定した安治川親方だが、「一門の枠を超えて貴乃花親方を支持した気持ちに変わりはない」と改めて断言。2年後の改選期にまた貴乃花親方に投票するかと問われ「働きぶりを見て判断する。協会のためなら…」と再度の“造反”も否定しなかった。

 「彼も事の重大さに気付いたと思う」と鷹揚(おうよう)に構えた友綱親方。一門制の現状が浮き彫りになった「安治川の乱」に、2年後の波乱が予感された。(只木信昭)【転載終了】
ラベル:朝青龍
posted by tsumuzikaze at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。