2008年10月02日

緊急メッセージ!!『金融危機非常事態宣言の発動』か?!!

金融非常事態宣言は、
アメリカ解体、FEMAの台頭、マーシャル法の発動
そして、強制収容所の扉を開く怖れがある!!

陸軍実戦部隊が待機していると聞く。
陸軍ならいいが、FEMA POLICE、UN(国連軍)の配備となると、
傭兵の出番で地獄の蓋が開く!!

 
以下の記事は、ごく最近のもの。そして、アップされた動画は、この1〜2ヶ月のもの。それらを一々アップする暇はないので、リンクからご覧頂きたい。も
う、めちゃくちゃな状況が予想されている。300万を上回るプラスティック製の棺桶など、一体何を意味するか、想像するしかない。

 全て、英語ではあるが、おおよその雰囲気は掴めるはずである。実際、『俄には信じられない。』話であるが、その恐るべき事態の瀬戸際にあることは間違いがない。その瀬戸際をくい止める事を願っているが、誰が、何によって、どのようにするかは、皆目見当が付かない。

 必ず、阻止されなくてはならない。が、しかし、これまでもブログに掲載し、警告したように、準備され、増強され、発動を待つばかりになっている諸大統領令があることは紛れもない現実である。
 


【転載開始】二階堂ドットコムより
http://www.nikaidou.com/2008/09/30/
<マイケル伊藤さんより>突然メールを差し上げ、本当にごめんさい。
アメリカが大変な事になってしまいました。でも、日本のインターネットでも、誰も書いていないのです。


民主下院・クシニッチ下院議員は、ブッシュ弾劾裁判の為の署名を議会に提出しました。
http://jp.youtube.com/watch?v=yUuhKJYFUfg&feature=related


この国民運動に対して、ブッシュは既に MartialLawを発令しました。
http://jp.youtube.com/watch?v=Ya9WnONk9Fw


この法の元では反政府運動や反戦運動参会者、そして911テロ真相解明を望む人々等が対象になります。また、俄かには信じて頂けないと思いますが、Home Grow Terroristと言う項目もあるそうです。
http://jp.youtube.com/watch?v=zk_-MehRqkQ&feature=related  


リバーマンは、インターネット・YouTube等で反政府運動をしている人々が、ホーム・グロー・テロリストと言っています。

YouTubeは利用規約をリバーマンの言うとおり変更しました。これからはネットでの発言でも逮捕されます。逮捕と拷問だけならまだ救われるのですが、MartialLawの元では、理由はどうあれ、抵抗を試みたら射殺されるそうです。
http://jp.youtube.com/watch?v=mskA70ctm2s


全米のFEMAキャンプでは、ポリガード社製の1個$860のプラスチック製の棺桶が2〜300万人分確認されています。その個数がどんどん増えているそうです。
http://jp.youtube.com/watch?v=YK91qbw4ycY&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=m3zSDdm-SHI&feature=related


それらのFEMAキャンプにはガス室も確認されています。
http://jp.youtube.com/watch?v=0P-hvPJPTi4&feature=related


こちらは簡易刑務所です
http://jp.youtube.com/watch?v=bDmmju7FmDY


こちらの教会がサラ・ペイレン所属の教会のセレモニー風景です。
http://jp.youtube.com/watch?v=YWhH4ydK9I0


エイズ・ウイルスがバイオウエポンとして使用されたと言う内容の映像です。
http://jp.youtube.com/watch?v=v-Y-3GNrEqQ
http://jp.youtube.com/watch?v=k5isZJZq7Yw


こちらは、ドイツ在住のLAタイムズの人の話ですが、ブッシュは2008年のすべての選挙をキャンセル、非常事態宣言を発令して反戦・反政府運動家を殺す計画を説明しています。
http://jp.youtube.com/watch?v=0bNDPioifrU


最後になりますが、お時間が許すならばこちらの映像もご覧ください。これが今のアメリカの現状です。
http://jp.youtube.com/watch?v=As-7BSoFhL0
http://jp.youtube.com/watch?v=jm2Vq1U1gnQ&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=W3kJjp-z3J0&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=FeNyiNu5ZSg&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=94wacMOQxWs&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=V6q6aAeSZuQ&feature=related


こちらは、ホワイトハウス報道官、ダナペリノの話です。

アメリカ政府は今、真っ二に割れています。NWO支持派と不支持派です。
http://thinkprogress.org/2008/09/10/seventh-anniversary-white-house/

報道官、日本では、官房長官になると思いますが、911テロの首謀者は、ビンラディンではないと言っています。そして、人間には限界がある。政府の中にもデリケートな人々がいる。我々はスーパーパワーはないけど、アライアンス(協定)を組んで正義を公に出す為に動いていると明言しています。


すいません、またメールさせていただきます。【転載終了】


【転載開始】”『浅川嘉富の世界へ』ようこそ”『緊急メッセージ』より転載

 

Chosyaphot01

http://www.y-asakawa.com/message/kinkyu-message38.htm



金融危機非常事態宣言の発動

 


           

 
        2週間ほど前、ある筋からブッシュ大統領が10月に金融危機非常事態宣言を発動するというロシア情報が寄せられた。株価暴落を理由に、株式市場の閉鎖や金融取引の制限規制などを盛り込んだ非常事態宣言を発動するというものである。

    イルミナティーを中心とした「闇の勢力」が次なる手段として考えているのが、株価暴落によるパニックを利用して、金融非常時宣言を発動することであっても決しておかしくない。

     驚くことに、この非常事態宣言発動の真の狙いは、市場の混乱を押さえるものでなく、大統領選挙を無期限に延長し、ブッシュ政権を延命することにあるというのだ。 9・11同時多発テロの犯人が、巷間言われているようなアルカイダなどではなく、「闇の勢力」であるイルミナティーの使用人たるブッシュやチェイニー一派であることや、その事実がそう遠くない内に明るみに出る可能性が高いことは、既に「4つの窓」で伝えた通りである。

    となれば、ブッシュ一派の逮捕劇は大統領交代からそう遠くない時期に起きる可能性が大きい。彼らがもしもその動きを事前に知っているならば、最後のあがきとして、大々的なテロの再発や金融非常時宣言の発動により、大統領選挙の延期を実行しようとすることは、十分に考えられることだ。まさに9・11同時テロの金融版である。


        マシュー君のメッセージでは、宇宙人達によってテロの発生は防がれることになったようであるが、これとて、100%安全だとは言い切れない面がある。


        テロを阻止しようとしている宇宙人は、邪悪な人間の発する波動をキャッチするスーパーテクノロジーを持っているようだが、テロの実行を支援するネガティブな宇宙人もまたそれに負けないほどの力を持っているからである。

 

        むしろこちらの方が実行しやすいのではないかと思われる。彼ら闇の勢力が株式市場や金融機関の主だったところを手の内に入れていることを考えると、その実行にはさほど手がかからないはずだからである。
 

  比嘉良丸氏からの情報

 

      伝えられた非常事態宣言の情報は確率が高そうに思えていたのだが、それでもなお、HPで明らかにするには抵抗があって、躊躇(ちゅうちょ)していた。
        ところが、比嘉良丸氏が2ヶ月に渡る祈りの旅を終え、沖縄に帰郷される前に我が家に寄られ、神々から伝えられた啓示やヴィジョンについて語られる中で、アメリカで金融危機の発生を利用したブッシュ大統領の延命策が密かに準備され、間もなく実行されようとしているという情報が伝えられた。


        驚いた私は、彼が受けた啓示の内容を詳しく聞いてみた。それは、概略次のようなものであった。


        奴らは(闇の勢力)、長い年月をかけて準備してきたものを、今、実行に移そうとしている。それは、決して、お前が考えているようななまやさしいものではない。ブッシュ一派はそれを千載一遇の好機として捉え、
        政権延命に利用しようとしているのだ!」「我々は今必至にそれを阻止しようとしているが、形勢は五分五分で、結果がどうなるか流動的である」

 
        地球を乗っ取ろうとしている宇宙人や、彼らと手を組む闇の勢力はこれが最後のチャンスであることを知っているので、必至に動いている。少しでも油断をしたらやられてしまう。そういう戦いが今も続いている
        ことを伝えておく」 「いずれにしろ、経済破綻の最後の段階で、彼らが本性を現すのは間違いない。リーマンブラザースの破綻劇は、彼らのシナリオの一つで、単なる身内のしっぽ切りに過ぎないのだ!」


    この啓示を伝えてきたのは、どうやら、『祈りの島・沖縄久高島』に登場する「杖をもった神」や「霊的存在」ではなかったらしく、彼の直感では、宇宙人の一人か、あるいは自分自身のハイヤーセルフ(ロバート・モンローが言うところのアイゼアー、もしくはアイゼアー・クラスター)ではないかという感じがしたと
いう。

 

     宇宙人には、大きく分けて2種類、地球と人類のアセンションを手助けしようとしておられる存在と、それをおもわしく思わない存在がおり、後者に地球の闇の勢力が結びついているわけであるが、もしも、比嘉氏に啓示を下ろしてきたのが、宇宙人であったとすると、それは、もちろん前者ということになる。


        比嘉氏の受けた啓示は、まさにロシア情報そのものである。しかも、比嘉氏がその啓示を受けたのは、わずか4日前のことであったというから、闇の勢力が今現在計画に沿って動いていることは間違いないようだ。金融支援法案に対するブッシュやポールソン等の動きお見ていると、裏で何かが謀(はから)られているいるように感じられていただけに、それが裏付けられたようでショックであった。


        比嘉氏が受けた啓示では、ブッシュ一派が非常事態宣言を発動する時期については明確に示されなかったようだが、ブッシュが延命工作を狙っているなら、新しい大統領が選出された後より、選挙の前の方が都合がよいはずだ。そうなれば、 非常事態宣言は、ロシアの情報通り、10月に発動される可能性が高そうである。


        考えてみれば、今回の金融危機のきっかけとなったのがサブプライムローンの焦げ付きの発生であったが、それが明るみに出てシティーバンクやベアー・スターンズの決算がおかしくなったのは、昨年の6〜8月頃であった。なのに、ダウは一時下げたものの、本格的な調整がないまま、1年余にわたって1万1000ドル台を保持し続けてきていた。


        それは、リーマンブラザーズの倒産劇という一大ショックが起きた後も同じことであった。ヨーロッパや中国、日本の株価が30%近く下げているというのに、本家本元のダウが小幅な下落で留まっていることは信じられないことで、長くその道に携わってきた私の目から見て、それは明らかに異常なことであった。

 

        しかし、奇妙で、不思議なこの状況も、大統領選挙直前の10月まで、闇の勢力によって暴落のタイミングを延ばされていたと考えれば、得心がいく。やはり、裏工作があったのだ!


        下院で金融安定化法案否決



  

最後のあがきに奔走するポールソン財務長官 (REUTERS)






        このページを書き上げていた9月29日の深夜、アメリカの下院で7000億ドル(75兆円)を銀行の不良債権の買い取りに充当するという金融安定化法案が否決されるという、衝撃的なニュースが流れてきた。    


    政府と議会の首脳部との間で一旦は合意に達した法案が否決されるという、かってない異常な結果であっただけに、ウオール街のショックは大きく、一時200ドル安で留まっていたダウは、否決のニュースが流れるやいなや売り一色となり、777ドルという1891年以来の下げ幅を記録するところとなった。これは、9・11同時テロ発生時の下げ幅を上回るものであった。


    アメリカでは、11月4日に下院の選挙が行われるため、議員の多くが選挙区に戻っていた。そこで、ウオール街を救うために、国民一人当たり2000ドル(25万円)超もの公的資金を使うのは、おかしいではないかという、法案に反対する地元選挙民の意見を聞かされた議員たちは、党の意向に背いて反対票を投じることになっったものと思われる。

 

    しかし、こうした見方の裏にも、何か謀略が隠されているのかも知れない。株価の暴落は彼らにとって好都合だからである。日本時間の今夜30日夜に、ブッシュ大統領のテレビ演説があるようだ。当然、法案の必要性を訴えるものと思われるが、その裏には、非常事態宣言発動の布石が隠されていると考えた方が良さそうである。

 

    これから先、法案の審議がどう進むのか予測し難いが、一旦開いてしまった地獄の蓋はもはや閉じることは難しいはずだ。一時の反発はあるにしろ、株価はこれから先は1万ドルを割り、9000ドル、8000ドルと一気に下げを加速していくことになりそうである。


        そこで、「闇の勢力」にとっての最後の切り札が切られることになるのではないか! 株式市場閉鎖と金融取引の制限を盛り込んだ金融非常事態宣言の発動である。同時に、大統領選挙の無期延期が発表され、一か八かの大勝負に出るのだろう。

 

        しかし、株式市場がパニック的な状態になれば、市場閉鎖などの処置は国民から認められるだろうが、大統領選挙の無期延期は簡単に容認されるとは思えない。


        そこで打つ次なる手が、テロの再発による戦争への誘導である。それはまた、天の存在である、光と闇の戦いでもある。この点についても、比嘉氏が驚くべき情報を伝えてくれている。それについては、次回のHPでお伝えすることにしよう。【転載終了】

posted by tsumuzikaze at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。