2009年11月20日

エネルギー革命は、とうに始まっている! K

Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.1

これからの転載は、GhostRiponさん(HN)の力作、傑作、
それではまだ言い足りない........。
勝れた業績である!!
詳しく読めば、誰でも水で走る車、水で起こす電気、水を利用して、
エネルギー革命が出来る!!


 これからは、スタン・マイヤー氏の水の電磁分解方法を複製し、追試したラビ・ラジュ氏(インド)の論文翻訳である。

 様々な制御方法も記述されているので、今にも完成しそうだ。勿論、実際の問題も発生するだろうが、問題をクリアーする方法は、さらに工夫されて良い方法も見つかるだろう。現代はエレクトロニクス制御の時代であるので、取り分け、日本人には得意中の応用分野となろう。

 具体的な構造の細工の要領、部材の調達に至るまで記述されている。日本とは事情が異なるところもあろうから、読み分けることが必要であろう。日本なら、もっと調達が容易になるものが多いだろう。

 こうした詳細な情報が公開されていることに、その意味を感じない訳にはいかない。こうした技術は独占してどうこうなるものではない。そういう考え方こそ、フリーエネルギーには馴染まない。元々フリーなるものを独占しようとしている考え方に、人間のエゴが表れている。これからは、エゴでは世界が成り
立ち行かなく事を暗示させる。


 そのためのフリーエネルギーである。

 エゴからエヴァへ、これは船井幸雄氏の言葉であるが、そのように世界は変わる必要がある。著作権、特許権もある意味で重要な問題ではあるが、変わってくる問題である。故正木和三工学博士などは、3000件を越える発明特許を放棄した。このために日本の家電業界が大発展したことも、周知の事実である。

【転載開始】2009年09月29日(火)

Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.1

テーマ:エコ&エネルギー

O0522016510260406117

Panacea-BOCAF On-Line University
気になる点があったので、追加で調べました。
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
見出しのページ番号は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』と対応してます。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして解読してください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication
[Stanley Allen Meyer Page 1]
"Breakthrough In HHO Production" I'm not here to argue whether things work as per the preset laws of physics or thermodynamics but you need to keep an open mind to evolve and see if something actually works. I'm an engineer and been taught that things don't work if you break the laws. Well I know my laws thank you. I've been making cells for the last 8 years but now I've got something that works. If people want to replicate it they can I'm giving out info on how to do it if they don't want to fine by me!
I'm getting nothing nor losing any thing by this. Stan wanted to sell his units! well I'm not! This is for the people who are already trying it out and who want to do something about the environmental mess the orld is in, its accelerating by the year and it wouldn't be long before that the powers be would realize that most of these changes are irreversible. Vanishing Glaciers, melting polar caps, Europe has seen the hottest summers in living memory and now Asia is going through the
worst floods in the living memory. We are heading for a disaster and have already reached a point of no return with the fossil fuel addiction. Its time we make ourselves count by Creating this togeter now! The Internet is really accelerating this success beyond anyones ability to stop it.
「HHO生産におけるブレークスルー」、私がここにいるかどうかは別とし、物理学や熱力学の原理原則を主張する方もいるが、実際に何かが動作しているということを、心を開いて進化した目で参照してください。私はエンジニアであり、もし原理原則を破るならば、物理現象は起こらないと教えられて来ました。私は、原理原則を知っています。私は、8年間セルを作り続けてきて、現在は実際に動作させてます。もし人々がそれを複製したいならば、それらを動作させることができます。私は、どのようにするかの情報を発表しています!私は、これで何も得ておらず、どのような物も失っていません。スタン氏は、彼のユニットを販売したがっていました!私は、そうではありません!これは既に十分にテストされていて、世界の環境混乱に関して何かをしたがっている人々のためのものです。それは、ここ1年で加速しています。そして、強国(先進国)による環境対策への大部分が、逆に不可能であると認識するまでそう時間はかからない。氷河の消失や極冠融解、ヨーロッパでは最も暑い夏を経験し、アジアの生活は、最悪の洪水に直面している。我々は、災害へ向かっていて、すでに化石燃料依存症に伴う引返しの限界ポイントに到達している。われわれ自身のために、これを一緒に作成するときが来た!インターネットは、この成功を加速して広めることができ、それを止めることができはずです。

316L Stainless Cavitation Info
Surface modification of AISI 316 stainless steel using various forms of NiTi for enhancing cavitation erosion resistance. In this study, NiTi powder was preplaced on the AISI 316L substrate and melted with a high-power CW Nd:YAG laser. With appropriate laser processing parameters, an alloyed layer of a few hundred micrometers thick was formed and fusion bonded to the substrate without the formation of a brittle interface.
EDS analysis showed that the layer contained Fe as the major
constituent element while the XRD patterns of the surface showed an austenitic structure, similar to that of 316 stainless steel. The cavitation erosion resistance of the modified layer (316-NiTi-Laser) could reach about 29 times that of AISI 316L stainless steel. The improvement could be attributed to a much higher surface hardness and elasticity as revealed by instrumented nanoindentation tests. Among
various types of samples, the cavitation erosion resistance was ranked in descending order as: NiTi plate > 316-NiTi-Laser> 316-NiTi-TIG >AISI 316L, where 316-NiTi-TIG stands for samples surfaced with the tungsten inert gas (TIG) process using NiTi wire. Though the laser-surfaced samples and the TIG-surfaced samples had similar indentation properties, the former exhibited a higher erosion resistance mainly because of a more homogeneous alloyed layer with much less defects. In both the laser-surfaced and TIG-surfaced samples, the superelastic behavior typical of austenitic NiTi was only partially retained and the superior cavitation erosion resistance was thus still not fully attained.
キャビテーションによるエロージョン(壊食)を防止するために、Ni-Tiなど様々なフォームを使用して、AISI316ステンレス(AISI:米国鉄鋼協会規格)の表面処理をしてください。この研究において、Ni-Ti(粒子)は、あらかじめAISI
316Lの表面に置かれて、強力なCWシングルモード(単一縦モード)発振LD励起Nd:YAGレーザーで溶かされました。適切なレーザー加工パラメータでは、数百マイクロメートルの厚さの合金層を形成され、脆いインターフェイスの形成なしに結合された。EDS分析は、表面のX線回折パターンを316ステンレス鋼のオーステナイト系の構造、それに似ていたが、レイヤーの主要な構成要素としてFe(鉄)を含んでいることが示されました。改質層(316-Ni-Tiレーザー)のキャビテーションによるエロージョン(壊食)抵抗は、AISI316Lステンレス鋼の約29倍を達成することができました。改善は、はるかに高い表面硬度計装ナノインデンテーション試験によって、はるかに高い表面硬度と弾性になったと考えることができました。各種タイプのサンプルの中で、キャビテーション・エロージョン抵抗は高い順にランク付けされた:NiTi plate > 316-NiTi-Laser> 316-NiTi-TIG >AISI 316L、316-NiTi-TIGは、Ni-Tiワイヤを使ってタングステン不活発ガス(TIG)プロセスにより、表面が処理されたサンプルを表します。レーザで表面を仕上げられたサンプルとTIGによって表面を仕上げられたサンプルには、同様の金属組織の特性がありましたが、前者は(ずっと少ない欠陥を持つ)より均質な合金化された層のため、より高い浸食抵抗を示しました。レーザでの表面仕上げおよびTIGでの表面仕上げサンプルでは、主にオーステナイト系のNi-Tiを代表する超弾性をもつ特性が部分的に保有されただけで、その結果、優れたキャビテーション・エロージョン抵抗は、まだ完全に達成されたわけではありません。

[キャビテーション(Cavitation)] : 液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象である。
[エロージョン(コロージョン)] :
減肉現象の一つ。高速流体・粉体などの衝突やキャビテーションなど物理的または機械的な作用による浸食をエロージョンと言い、電気化学的作用による腐食をコロージョンと言う。同時に発生した場合をエロージョン・コロージョンと言う。相互作用により減肉の程度は、これらが単独で発生した場合と比較して大きくなる。
[キャビテーション対策:316Lのチューブの表面硬度を向上させる(熱処理/表面処理方法)]

O0388033710262858211

[Stanley Allen Meyer Page 2]
Helping others to make this technology feasible and easy to replicate whatever small contribution no matter how much ever small to improve the air we breathe would go a long way for our children's future.We need people to know this side of science before it's too late. Look at the change in the environment in the last 100 years in the garb of development were ruining the world we live in for the uture enerations and we are shown a picture of development as prosperity actual fact being more the prosperity more we ruin the environment for our creature comforts its a vicious cycle we could introduce the alternate cience atplaces where its hurting the environment the most at least in a small way. End quote- Ravi
この技術の実現を手助けし、複製を容易にするための貢献は、どんなに小さいことでも空気(の汚染)を改善するのに役立ち、子どもたちの未来にはるばる届くでしょう。私たちは、手遅れにならないうちに科学の負の側面を知る必要
があります。ここ100年の世界の環境変化(環境汚染)を見てください。多くの人たちが、発展したスタイル、衣食住のために環境を台無しにしてきました。
私達は未来の世代のために、この邪悪なサイクルにかわる新技術を見出す責任があり、代替科学を導入することは、その打撃を最小限にとどめるためにあります。


目次
* Overview
* Replication
* Faculty information
* Panacea Endorsed Supplier of cells and components
* Supplies
* Related Links
* Related Ravi Technical discussion
* Videos
* Credits

Overview
The following research paper is the first document in a sequence of material which will be used to create a complete course on pulsed DC resonant systems. This course will be coming to the Panacea University site soon. This research paper mean time intends only to out line the specific replication criterion which is necessary to duplicate Ravi's
water fuel cell results. All related faculty information, validation data and further details of the water fracture process will be included in the complete course material expected to be ready in late 2008. Ravi Raju is a registered open source engineer with Panacea and has recently disclosed his WFC replication success. Ravi's version is based on the
old (now upgraded) Panacea university "D14" plans. These plans originated from the disclosures and device of open source engineer Dave Lawton.
Panacea大学により承認され、以下の研究論文は、素材の連鎖に関する最初のド
キュメントで、パルス化されたDC共鳴システムの学科コースを作成するために使われます。このコースは、Panacea大学サイトにすぐ出来るでしょう。
この研究論文で述べられているのは、ラビ氏の水燃料セルの結果を複製するのに必要な具体的な基準(概要)だけです。水の破壊過程のすべてに関連する教授陣情報、認証データ、および詳細な教材は、2008年後半に準備をしている学科コースに含まれるでしょう。ラビ・ラジュ氏は、Panacea大学に登録されたオープンソース技術者であり、最近、WFC(Water Fuel Cell)複製成功を明らかにしました。ラビ氏のバージョンは、古い(現在はアップグレードされます)Panacea大学 「D14」計画に基づきます。これらの計画は、オープンソース技術者デイブ・ロートン氏の情報開示と機器から始まりました。


[Stanley Allen Meyer Page 3]
Dave Lawton's success in constructing a working VERSION of the Meyer WFC was reported to produce gas at 3x the Faradic equivalent rate for the power consumed. Dave, who spent much of his career at Britain's Rutherford Labs (equiv. U.S. Lawrence Livermore) designing and constructing instrumentation for high energy particle physics research,
is far from the average 'tinkerer'.
マイヤーWFC(Water Fuel Cell)の動作バージョンを復元することについてのデイブ・ロートン氏の成功は、誘導電流に消費されたパワー(投入エネルギー)の3倍(300%)でガスを発生させると報告されました。デイブ氏、キャリアの多くをイギリスのラザフォードLabs(米国だとローレンスリバモア国立研究所と同等)で、高エネルギー素粒子物理学研究のために計測器を設計製作するのに費やした、その知識は、一般的な『修理屋』とはほど遠いです。
O0202026510262911713

Videos of his two WFC units, one with an employing solid state timing logic,was posted on YouTube and has since received over 50,000 hits. The cells operated at 12-13v/3-4a - averaging approximately 57 watts of input power - producing gas aggressively in distilled water with no added electrolyte. The difference between Ravi's replication results and Dave's is that Ravi built a biggercell and conducted a gas flow meter test. This gas flow meter test proved with out any doubt that he had some thing closely related to Meyer's original process. Meyer's results reportedly showed an out put which was up to 1700% above Faradays law of electrolysis. Thus it is only logical to assume that the pulsed DC resonant systems are not conventional electrolysis.
Nothing about this process involved in the Water Fuel Cell resembles electrolysis. There is no electrolyte used; there is NO current admitted to the water, in a proper system. No heating occurs in the water as it produces gas. The gas produced is Hydroxy (aka HHO or "Brown's Gas"), not differentiated Hydrogen and Oxygen; and all of the work is performed by resonance and the voltage potential. As a result
of Ravi disclosing his gas flow test on Youtube.Com, intimidation intended to interfere with his research resulted. Ravi was un lawfully threatened. This prompted
彼の2つのWFCユニットのビデオ(使っているソリッドステートのタイミング論理がある1)は、ユーチューブに掲示されて、以来、5万以上のヒットを受けて
います。セルは12-13V/3-4A--約57ワットの平均入力--生産ガスに関しては、添加電解質なしの蒸留水で積極的に作動しました。ラビ氏の複製結果とデイブ氏のものの違いは、ラビ氏がより大きなセルを作って、ガス流量のメーターテスト(測定)を行ったところです。このガス流量メーターテスト(測定)で、何らかのものがマイヤー氏のオリジナルのプロセスと密接に関連あることが証明されました。マイヤー氏の結果は伝えられるところでは、最大1700%の電解効率でファラデー法則を超えていました。従って、パルス化されたDC共鳴システムが、従来の電気分解ではないと仮定するのは当然の流れです。 水燃料電池(Water Fuel Cell)にかかわるこの過程は、電解に類似していません。ガスを発生させるとき、水に加熱(暖まること)は起こりません。生産されたガスは水素混合であり(通称:HHOまたは「ブラウンガス」)水素と酸素は、分離されません;そして、仕事のすべてが共鳴(反響)と電圧によって実行されます。
Youtubeのラビ氏のガスフローテストを明らかにした結果として、彼の研究を妨げることを意図する威嚇は結果として生じました。ラビ氏は非合法的に脅
かされました。


[Stanley Allen Meyer Page 4-5]
public action by the non profit organization and a reporting of this incident to the authorities by us. Currently our subscribers keep a public watch on Ravi's and the organizations actions. The public are needed to assist in this task to stop energy suppression, please subscribe to our news letter.
Only consolidated in this task can we effectively prevent engineers from being harassed and enable them to freely present free energy research to the public. The Non profit organization Panacea-BOCAF intends to support open source engineers working with the WFC and other suppressed clean energy technologies. These engineers require grants, resources, faculty recognition and security. All this can be created! For those able to help this effort, please contactPanacea's proposed granted research and development center. Contact us.
Ravi's version of "D14" used bigger 9" (inch) tubes and a 9 tube set.
This gave him a resulting lower input current of 0.51 Amps from the frequency generator. Given the efficiency reports by Ravi this technology is an invaluable power management process which the mainstream faculties must benefit from. As an emission cutting device andpower savings device alone, this technology justifies (and needs) law for its mandatoryimplementation. The Non profit organization
Panacea-BOCAF intends to support open source engineers working with the Meyers other uppressed clean energy technologies. These engineers require grants, resources, faculty recognition and security. All this can be created in Panacea's proposed granted research and development center. For those able to help this effort, please Contact us. Panacea's Stanley Allen Meyer Page on Meyer's technology
民間非営利組織による公的な行動、私たちによるこの事件の当局への報告。
現在の、私たちは、ラビ氏と共に行動するようにしてます。エネルギー抑圧を止めるために一般大衆がこの仕事を補助することが必要です。どうぞ、私達のニュースレターに申し込んでください。このタスクに統合されるだけで、私達は、エンジニアが悩まされることを効果的に防止し、一般大衆にフリーエネルギー研究を自由に公開するができるようにします。民間非営利組織Panacea-BOCAFは、WFCおよび他の抑制されたクリーンなエネルギーテクノロジーで働いているオープンソースエンジニアをサポートする予定です。これらの技術者は助成金、資源、認識能力、およびセキュリティを必要とします。このすべてを作成することができます!支援制度については、Panaceaの提案を付与する研究開発センターに連絡してください。私たちに連絡してください。ラビ氏のバージョン「D14」は、以前より長い9インチの9本管仕様です。これは、周波数発生器から0.51Aの入力電流を与えました。ラビ氏には、この技術によって、主流の学部からの給付があります。このテクノロジーは、測り知れないほど貴重なパワー・マネジメントプロセスです。排出削減機器および単独の省力機器として、このテクノロジーは、実施のための義務的な法律を正当化します。(そして、必要性も)民間非営利組織Panacea-BOCAFは、マイヤーズと、他の抑制されたクリーンなエネルギーテクノロジーを作動させているオープンソースエンジニアをサポートするつもりです。これらのエンジニアは助成金は、リソース、認識能力、およびセキュリティが必要です。すべてPanaceaの提案を付与する研究開発センターで
援助することができます。この努力を支援することについては、お問い合わせください。

Description
Until
further OPEN SOURCE testing can be done, so far it is understood that
there is compound resonance present in the WFC (actually it is more of
an electrolyzer than a fuel cell).This compound resonance has so far
been evident in experimenter's cells. There is an electrical resonance between the inductors (Resonant Charging Choke coils), there is an electrical resonance within the electrode gap itself within the
water,and, finally, there is an acoustical resonance between the cylindrical electrodes, which is somehow phase coupled to the electrical resonances.The electrical resonance involves a phase delay between the pulses to the electrodes, which has the effect of inhibiting current flow into the cell; the acoustic resonance may be producing a standing wave which inhibits ion transport. Both of these contribute to dielectric breakdown in the water, which is where electrons are ripped from the water
これまでのところ、WFCに合成共鳴があることが理解されています。(実際、燃料電池よりも電解効率は上) この複合している反響(合成共鳴)は、実験者のセルでこれまでに明らかにしています。まず、インダクタ(共振充電チョークコイル)の間に、電気的共鳴があります、そして、水中の電極ギャップ内にも電気的共鳴があり、最後に、円筒形の電極の間に音響の共鳴があります。それらは、電気的共鳴と段階的に結合されてます。電気的共鳴は、セルへの電流の流れを抑制するという効果を持っている電極間のパルスの位相後退にかかわります。 音の共鳴はイオン輸送を抑制する定在波を発生させているかもしれません。 これらの両方が水の絶縁破壊に貢献します。(電子が水から裂かれることです)

This concept and technology first surfaced in the 1990's, individuals such Dr. Henry Puharich showed that by molecular resonance the production of this gas are possible, as did Dr Yull Brown hence the name Brown's gas.
The reality of the hydrogen on demand process became self evident with the emergence of the Stanley Meyer's water fuel cell patent, which showed that conventional electrolysis theory is incomplete and not the whole picture as Stanley Meyer was able to create enough hydrogen out of the water to run a car from as little as 13 volts and very little amperage. Stan's efficiency's were calculated to be up to 1700%.
この概念とテクノロジーは、当初、1990年代に浮上し、ヘンリーPuharich博士が見せた個人での分子共鳴で、このガスの生産が可能であることが示さ
れ、後にYullブラウン博士の名前がブラウン・ガスとして示された。スタンリー・マイヤー氏が水から最小13ボルトと非常に少ないアンペア数から、車を走らせることができる量の水素を取り出したとき、今までの水分解の現実(理論)は全貌ではなく、且つ従来の電気分解の理論が不完全であることが、スタンリー・マイヤー氏の水の燃料電池特許の出現で明らかになりました。スタン氏のセルの分解効率は、最大1700%と試算されました。


Today this pulsed resonant DC hydrogen on demand process is still currently unknownand thought to be impossible by the mainstream faculties. What mainstream faculties must realize is that there is not one part of a??Water Fuel Cell' operation which resembles conventional electrolysis. Therefore the out puts are not expected to resemble faraday's equations in any way. (There is no electrolye; 2) There is NO current admitted to the water, in a proper system; 3) No heating occurs in the water as it produces gas; 4) The gas produced is Hydroxy (aka
HHO or "Brown's Gas"), not differentiated Hydrogen & Oxygen; and 5) All of the work is performed by voltage potential alone. If you think how an opera singer is able to split a 'memorex' glass with her voice, by the pitch, volume, and frequency of sound waves, this is aresonance with the glass and either splits, fractures or cracks the glass. The simple way to explain what Stan Meyer is able to do is he was using no current (ElectroStatic Voltage DC Feilds plus DC Pulses added... 600cps 50% duty cycle with 42.8khz pulses each half cycle) voltage @ resonant frequency.... instead of sound to split the water from resonance created in the water by circuitry and steel cylinders. It is understood that Stan harnessed the voltage potential. There is still allot mainstream science doesn't not yet have in their curricula regarding voltage or electricity. For example Tesla's Longitudinal and transverse waves.
今日、直流パルス化された共鳴による水分解方法は、過程が現在まだ未知であるという点から、主流の科学者からは、不可能であるように考えられてます。主流の科学者がわからなければならないことは、Water Fuel Cellの動作に、従来の電解に類似している部分がないということです。従って、ファラデーの方程式があてはまりません。(電解質が全然ありません; 
2) 適切なシステムには、水に認められた電流が全くありません;
3) ガスを生産する過程で、加熱(暖まること)は水に起こりません;
4)生産されたガスは、水素混合ガスであり(通称:HHOまたは「ブラウンガス」)水素と酸素は、区別されません ;そして
5)仕事のすべては、電力の投入によって単独で実行されます。もし例えるなら、オペラ歌手が彼女の声でどうしたら'memorex'グラスを割ることができるかと考え、音波のピッチ、ボリューム、および周波数を色々試して、ガラスにヒビを入れるか、割るか、破砕するか試みるようなものです。スタン・マイヤー氏ができたことを説明する簡単なやり方は、彼が水と回路とスチールシリンダによって作成された共鳴(音の代わりに共鳴周波数を使用)から水を分解するのに、現在の電圧(DC12V、600Hz50%のデューティ・サイクルパルスに42.8kHzのハーフサイクルパルスを乗せたもの)は使用していなかったということです。スタン氏は、それらを理解した上で電圧を用いようとしていた事がわかります。未だ電圧か電気かに関するものしかカリキュラムを持っていない、理論を優先して現象を見ない主流科学があります。例えば、テスラの『Longitudinal and transverse waves』は、理論付けの学問で説明できますか。


Technically it is thought the gas results from an electromagnetic deformation of the ionized water molecule to Hydroxy (HHO), in which the Hydrogen atoms are bound magnetically, at less than the 105 degrees separation classically attributed to H2O. This results in a stronger magnetic polarization of the molecule, whereby it also carries an additional electrical charge, and is recovered upon combustion. The complete preciseness of the physical mechanism involved is still not completely agreed upon today,
however the technology works. You can see this in certain industrial welding equipment that use the unique properties of Brown's Gas. This has been commercially available for over 25 years, removing all doubt as to its existence. When the water fuel cell technology emerged In the '90s, it was assumed by the energy suppressors, one would suppose, that by murdering Yull Brown that Brown's Gas would disappear as a technical concept; or that with killing Stan Meyer and Puharich, the WFC would 'dry up and blow away' They certainly believed that if all THREE!
技術的にH2O(水)の105度未満の分解では、古典的に、イオン化された水分子の電磁的変形から、水素原子が磁力に縛られた水素混合(HHO)にガスなると考えられてます。これは分子の、より強い磁気分極をもたらします、それは追加の電気チャージも伝えて、燃焼のときに分子に再結合され回復されます。かかわった物理学的メカニズムの完全(正確)さは、今日、まだ完全に解明されたというわけではありませんが、テクノロジーは実在します。ブラウンガスのユニークな性質を使用する産業用溶接装置において、これを実際に見ることができます。これは商業的に25年以上にわたり使用され、その存在としてのすべての疑いを取り除かれ利用されています。そして、90年代に水燃料電池テクノロジーが出現した時、エネルギーの抑圧者らは、Yullブラウン博士を殺害し、ブラウンガスと技術の概念を共に葬り去る;既に殺害しているスタン・マイヤー氏とヘンリーPuharich氏と共に、3人目としての抹殺を考えたことでしょう。

O0600040010260501690

[Stanley Allen Meyer Page 6]
Were out of the picture; the water fuel issue would sink beneath the waves.
There is no regulation at the federal level committing grants and security into harboring the manufacture of this suppressed alternative energy technology. The current mandated laws do not prevent a corporate cartel based influence from making or creating difficult economical or
political conditions to suppress this environmentally sound technology and further harbor their own profit motives. They can also simply buy the patent off the inventor and shelve it, there is no law preventing them form this. Despite there currently being no regulation and or social reforms into these matters, and these murders the water fuel cell issue is very much alive and being preserved today more then ever, this has only been able to be done with the aid of open sources
engineers, whom are part of a non profit organization called
Panacea-BOCAF. These engineers have independently successfully replicated a version of the Meyers water fuel cell from his patent and disclosed their results and instructions open sourced on the organizations on Line University.
仮に手を引けば;水燃料の成果は、海中に沈んだことだろう。全くこの抑圧された代替エネルギー技術の製造を行うのに、交付金とセキュリティを遂行する連邦レベルの規則がありません。現在の法は、法人のカルテルに基づいている影響が、環境に配慮した技術を抑圧し、自身に利益誘導する難しい経済であり政治的な状態です。彼らは、また、発明者から特許を高額な金額で買い取って、それを握りつぶして来ましたが、それらを防止する法律が全くありません。これらの問題、およびこれらの殺人、水燃料電池の問題は非常に多く、社会改革を含めた世直しをPanacea-BOCAFと呼ばれる民間非営利組織の一部であるオープンソースエンジニアの援助によって成そうと思います。これらの技術者は、彼の特許からマイヤーズ水燃料電池のバージョンを独自に複製し、オンライン大学で結果と手順を明らかにしました。


Why open sourced? Well, one can judge by history why this is the only way. Examples can be seen in water fuel cell technology done by an individual named Steve Ryan's 6687who operates the Bios fuel corporation, Steve presented a water powered motorcycle.
In late 2005, there was a segment aired on the show "60 Minutes" in New Zealand. This process may have used some sort of catalytic process to turn the water into a usable fuel. When the non profit organization recently asked Steve what happened to his technology, he replied and I quote due to the current economic and political conditions we are unable to bring you the water fuel cell technology at this time. He now
only sells a 50/50 mix of water and fuel. Energy suppression does exist today, Stanley Meyer is thought to have died of unknown food poisoning, other engineers with technology have been removed also. Also recently the Xogen and black light power cooperation both had working water fuel cell technologies, plus 4 other companies have hydrogen on demand technologies, including a very interesting effect patented by Prof. Kanarev, all have not been able to publicly disseminate their technology.
なぜ、オープンソース化なのですか?
歴史を見ればわかると思いますが、これが唯一の(安全な)方法です。例としては、Bios fuel corporationを経営しているスティーブ・ライアン氏によって行われた水の燃料電池テクノロジーで見ることができ、水が寄贈されたスティーブ氏は オートバイを動かしました。2005年後半に、ニュージーランドの「60 Minutes」と言う番組で取り上げられました。このプロセスは、水を使用可能な燃料に変えるために、ある種類の触媒作用のプロセスを用いたかもしれません。最近、民間非営利組織が、彼の技術がどうなったかをスティーブ氏に尋ねたとき、彼は答えました。その内容は、現在の経済上、政治上の理由から、水の燃料電池技術をあなたにもたらすことができないという事でした。彼は現在、水と燃料の50/50ミックスを売るだけです。
エネルギー抑圧は今日も存在します、スタンリー・マイヤー氏を未知の食中毒で死亡させ、また、技術を持つ他のエンジニアも社会的に抹殺しています。最近も、Xogenおよびブラックライトプロセスの(実際に動作する)水分解技術、それプラス4つの水燃料電池テクノロジーがありました、Kanarev教授が特許を取得した非常に興味深い効果を含む技術が、おおやけにすべて公開できるわけではありません。


So where does that leave the public, open sourced public disclosures:
Allow NO WAITING FOR SOME COMPANY TO GET A PATENT
NO WAITING FOR SOME MANUFACTURER TO GET PRODUCT OUT TO THE MASSES?
NO SPECIAL "HIDDEN COSTS" TO APPLY THE TECHNOLOGY!
NO, "I CAN'T SHOW YOU EVERYTHING BECAUSE OF INVESTORS" EXCUSES on the Electrostatic Catastrophic Dissociation of HHO WFC VIC
NO WAY FOR THIS TO BE HELD BACK FROM THE PUBLIC IN ANY WAY EXCEPT FOR GETTING THE WORD OUT!
NUMEROUS PROVEN REPLICATIONS AROUND THE GLOBE!!!!!
そのためには、一般大衆に対してオープンソース化するしかありません、公的なディスクロージャーです :


NEXT>>Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.2
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10347229739.html


■関連記事
Pulsed Water-splitters No.1(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330994478.html
Stanley Meyer Data特許資料(英文) [pdf 221ページ]
http://www.free-energy-info.co.uk/MeyerData.pdf
Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328859717.html
【資料】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10330431267.html
【資料2】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10342515816.html
【資料3】Stanley Meyer - It Runs On Water(水で走る自動車)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10343331687.html
各セル構造の比較&検証(パルスを用いた水の分解)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10335356396.html


原子水素ガス - HHO GAS - ブラウン・ガス -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10323958738.html
【続】原子水素ガス - HHO GAS - ブラウン・ガス -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328872198.html
水で走るエンジン発明者は抹殺せよ。
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10338343314.html


燃える塩水 - Salt Water -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10323134471.html
Byron New Energy - チャージ水 - charged water -
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10324533613.html


環境にやさしいエマルジョン燃料(水と油の混合燃料)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10305067462.html
環境にやさしいエマルジョン燃料2(水と油の混合燃料)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10305030054.html
水を燃やす画期的なHHO燃焼システム
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10328986374.html
【転載終了】

ラベル:水が燃える
posted by tsumuzikaze at 19:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!L

謎が多い日本航空123機墜落事故
しかし、信憑性にイマイチ欠ける追求情報!!
それが一変するかも知れない.......。
渾身の情報が発信されつつある!! 第12弾
 


 驚きの新事実。しかし、これらは巷に既に流れていた情報である。誰も関心を持たず、あるいは異端視してきた既実の情報でもある。これが渾身の勇気ある発信を以て、世の中に出ることは良いことだ。

 だから、初めて本ブログでも転載する事が出来る。

 勘は当たっている。多くを語ることは要しない。ご覧じあれ! 協賛して拡散に務めたい。


【転載開始】

JAL123便墜落事故−真相を追う−そしてミサイルは発射された(5)

2009-11-11 14:52:15 | 日記

これまで、123便墜落の原因がミサイルではないかとの物証と推論を提示してきました。証拠が本当に現地で調達したものであるとお疑いの方もいるでしょうが、それならどこでミサイル破片を入手できるか逆に教えていただきたいと思います。お断りしておきますが、ミサイル部品の物証は写真に掲載したものだけでなく、多種多様、しかも大量です。それらは、真実を知る方々が何も公表しないのであれば、このブログで全てを掲載いたします。また、身の安全が確保できれば、現地の土が付着したままの物証と科学的分析結果を携え、複数の証人とともに証言台に立つ用意があります。

物証や現地調査に基かない議論は無意味なだけです。ジェーン年鑑を丸暗記すれば軍事が理解できるわけではありません。軍事とは詰まるところ「殺し合い」なのです。私がこれから提示する事実及び推論の中には、ネット上やデータブックには記載されていない、あるいは記載と異なることも多く含まれます。殺し合いが、将棋やカードゲームのように決められた手駒やルールの中で行われていると本気で信じているならば、これから書くことは軍事通だと自認しているあなたをひどく立腹させることでしょう。私は、夢の世界で遊んでいたいあなたたちの楽しみを奪うつもりはありません。これ以上読んでいただかなくて結構ですのでどうぞ、どこぞの有名掲示板で空想を躍らせていてください。

ちょっと煽ったような書き方になってすみません。上述について少し考えてくださるのなら、戦記物の古典『ガリア戦記』をお読みいただければ、私の真意がご理解いただけるかと思います。また、もっと気骨のある方なら、ぜひ現地の山を登って物証の数々をご自身の目でお確かめください(まだまだ出てきます)。ただし、単独登山だけは危険ですのでお止めください。できれば登山ガイドを含む数十人くらいの同志を募って出かけられることをお勧めします。今の時期登れば、民間人に偽装された大勢の陸自・空自の特殊部隊、化学防護隊の皆さんと現地でお会いすることができるでしょう。運がよければデルタフォース(米陸軍特殊部隊)の米軍兵士とお会いできるかもしれません・・・言い忘れてました。現地の隊員さん同様、ヨウ素剤の携行もお忘れなく。

■オレンジ色の破片、再び

角田氏の著書「疑惑 -JAL123便墜落事故-」の中に出てきた吉原公一郎が見たという「オレンジ色の破片」について、考察します。まずは、下の写真を見ていただきたくお願いします。


写真1:赤味の強い破片



写真2:写真1とは色調の違う破片




写真3:機体の一部と思われるオレンジ塗装−(1)表・(2)裏・(3)破断面


写真1は、「そしてミサイルは発射された(3)」で示したものと同じで、国際軍事評論家のB氏もまだ特定できていません。

写真2は写真1の写真とは明らかに色調が異なるものですが、まずは、多くの特徴を備えた写真3の解説を先にします。

写真3-(1)は人の足が写っていますおりますので、だいたいの大きさがわかると思いますが、一抱えよりはちょっと小さいくらいの、破片と呼ぶにはかなり大きいものです。塗装は、グレーの上にオレンジ色を上塗りしてあります。材質は金属のようでありますが、同量の鉄材などと比べばずいぶん軽く、ジュラルミンのようなア
ルミ合金とは少し違う触感です。


写真3-(2)はこの破片を裏返しにしたところで、2つの板がリベット打ちで継いであることがわかります。リベットは小間隔の2列ずつで、ナットにはハードロック型が使用されており、非常に強固に強度が保たれているのがわかります。これは明らかに航空機、しかも軍用の仕様であることがわかります。

写真3-(3)は、この破片の破断面をクローズアップしたもので、ちょっと見難いかもしれませんが、真ん中に筋が通っており、この板自体が2枚の貼り合わせで構成されていることを示しています。

写真3をB氏に鑑定していただいた結果、次のような特異な点を見出しました。

 ・このグレー色は米国海兵隊の機材に用いられる塗装

 ・オレンジ色は救難機の識別色として上塗りされる塗装

 ・板は木製チップを含む合板で、地のままの金属よりも軽く安価に強度を増したもの

 ・リベットの打ち方・部材は、軍用としてもかなり強度を要求される部分である


以上を総合し、B氏の出した結論は

 ・米国海兵隊の偵察機 RC-130 の救難仕様、その着陸装置の一部

というものです(図1参照)。


「ええっ!何で米国海兵隊の飛行機が落ちているの?」多くの皆様がそう思うはずです。私も最初は耳を疑いました。しかし、これを裏付けるような報道も実はなされているのです。事故翌日の1985年8月13日、讀賣新聞夕刊にて報道された「4メートルのエンジンプロペラ」との記者目撃報道。RC-130のプロペラ径は約4メートルでまさにこの報道にぴたりと符号するのです。


図1:RC-130の着陸装置


疑問はさておき、写真2についてもB氏は次のように結論付けました

 ・破片の裏側に残っているのは炸薬の破裂痕であり、ミサイル等の弾頭部分であろう

 ・赤色(オレンジ色)の塗装が施していることから、携帯用地対空ミサイルFIM-43

  (通称レッドアイ)の弾頭部分である疑いが濃厚である



写真4:地対空ミサイル レッドアイ


何と、これまで空対空ミサイルの議論をしていたはずなのに、地対空ミサイルまで飛び出してきてしまったのです。また、B氏によると、RC-130の破片が短冊型に(写真5)バラバラになっていることから

 ・地対空ミサイルで撃墜された可能性もあるが、低空飛行中に対戦車ロケット弾

  などの貫通弾をあびて、機体内部で炸裂した可能性の方が高い

と指摘しています。



写真5:短冊形に割れた機体破片


これまで、米軍機が123便をミサイルで撃ち落したのではないか、その事だけに注目していましたが、現実には、もっと複雑な背景がこの事故の裏側にあるようです。米軍機が落ちているとしたら、当然ながら米軍兵士の犠牲者もあったことでしょう。その(おそらく)裏付けとなるのが写真6です。


写真6:現場に残された腕時計 


一見するとなんだか安っぽいデジタル時計のようです。メーカーはSANYO(サンヨー)、デジタルクォーツで防水加工が施されているもの。Made in Japanですが海外で販売されていたものです。時計バンドの腕周りは、ゆうに20cmを超え、かなり大柄な人物が着用していたことが分かります。

B氏によると、この時計は1980年代、米軍パイロットが使用していたものに間違いないそうです(もちろん軍用品を一般乗客が着用していた可能性もあります)。

吉原公一郎氏が目撃した「オレンジ色の破片」。それが、いったい上記の内のどれを指していたのか不明ですが、オレンジ色には御巣鷹の尾根の闇夜の出来事を解き明かす大きなヒントが隠されている、それだけは間違いなさそうです。

* * *

先日現場に入ったS氏は、御巣鷹の尾根にある慰霊の塔の前で悲痛な面持ちでたたずむ白人男性を目撃したそうです。その方が、ここで命を落とした米軍兵士の関係者かどうかはわかりませんが、どんな理由であれ、この地で果てた全ての命に黙祷を捧げます。

BEATI MITES QUONIAM IPSI POSSIDEBUNT TERRAM

管理者【転載終了】
ラベル:123
posted by tsumuzikaze at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。